工場予約と割引部品交換

ようこそ自動車情報へ愛車の軽自動車

中古で購入したクルマの整備と修理の記録

「自動車保険」、あなたは何処にお願いしますか?

任意保険の賢い選び方September 27, 2016

"日本で自動車を乗るためには、「車検」という制度にて「自動車をみてもらう」必要があります。そして、車検をクリアした車両には新たな「車検証」などが交付されます。 皆さんは、車検と言えば「ディーラー車検」というのをまず思い浮かべるかと思います。これは、日産やトヨタなどの直営店(=ディーラー)へ自動車を預け、その後新たな車検証などを交付された状態で、持ち主の元に返される、というものです。 ディーラー車検のメリットは、「プロの整備士」が「充実した設備」の元で点検などを行ってくれるという点で、「安心して預けることができる」という部分があると思います。また、そのディーラーと顔見知りやそれ以上の関係になれば、詳しい車の状態なども教えてくれると思います。 デメリットとしては、「交換不要のものを勝手に交換された」といった事例がある点です。これは一概に言えませんが、人によっては「本当はまだ交換しなくてよかったのに」と戻ってきた車を見て、思われるようです。 最後にご紹介するのは、「ユーザー車検」というものです。こちらは「自ら車両を調整・修理した上で、自分で車検の手続きなどを行う」タイプです。 こちらのメリットとしては、自分で調整などを行うので工賃などがかかりません。その為「お金が浮く」という点が挙げられます。また、自分の車を自分で直すというのは、愛着もより一層湧いてくるものです。 デメリットとしては、(プロの方もいらっしゃると思いますが)「プロなら見逃さないものを、見逃してしまう」といった点が挙げられます。わずかなオイルのにじみなど、自分で修理する際には細心の注意を払う必要があります。 この他、「ガソリンスタンドにて車検をお願いする」など、車検を通すだけでも様々な手段が挙げられます。" 自動車保険ランキング

Comments   0


車検費用を抑える為に

クルマの検査費用の節約方法September 27, 2016

エンジンを修理した後に、もしエンジンが始動しないような事態に陥った場合、そのトラブルシュートはかなり難しいことになるのが予想されます。燃料系、電気系ばかりでなく、エンジンも分解しているのだから組み上げミスを疑う必要もあるからです。せめて、エンジンがらみの問題で始動不能の事態に陥らないために慎重に作業をする必要があります。ピストンの向きを間違えて組み込むようなことは避けたいです。 エンジン作業中の横にある車のエンジンルームにはまだガソリンEFIの配線がゴチャゴチャのままです。焦って初歩的なミスをしないように一つづつ片付けていきます。公共の道路を走る限り整備ミスは許されません。一番大切なのはできるだけ整備マニュアルに沿った順番で作業を進めることです。特にエンジン作業では大切なポイントになります。 車検の整備と点検で検索するのが良いでしょう。もう一つのミス防止対策はデジカメ撮影です。スズキのディーラー 45万円マツダのディーラー 50万円 街の中古車屋さん(A) 65万円 街の中古車屋さん(B) 60万円 結局、元々付き合いのあった中古車屋さんで買い取りをお願いし、ロードスター自体は別のお店で購入しました。 ロードスターを買ったお店(中古車屋さん)では、60万円と言われました。 ロードスターがコミコミで48万円程度だったので、差し引き17万円はお金を浮かせる事が出来ました。 ディーラーでの下取り価格が納得出来ない場合には、街の中古車屋さんや、買い取り専門店で査定してもらう事をおすすめします。

Comments   0


My Name

カーシェア、軽の車検、中古車探し


Popular Posts

  • Lorem
    Sed mattis nunc
  • Ipsum
    Praes tinci sed
  • Dorum
    Ultricies congue
  • Mingsum
    Lorem ipsum dipsum

Tags

Travel New York London IKEA NORWAY DIY Ideas Baby Family News Clothing Shopping Sports Games